広島「マツダスタジアムを見に行こう」企画 県内在住者1日最大500人招待/広島カープ/野球/デイリースポーツ online

 広島は19日、「マツダスタジアムを見に行こう!」と題し、球場コンコースと一部観客席で練習見学ができる企画を発表した。まずは21、22、23日の3日間で、1日当たり最大125組500人を招待する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者は広島県内在住者に限る。球団と地元紙の共催で広島市とも連携し、指導を受けながら実現した。 広島ナインは最短6月19日開幕を見据え、練習を続ける。21日からは、より実戦に近い練習が行われる予定だ。真剣に白球を追う選手を、鯉党がその目で見られる企画が発表された。「マツダスタジアムを見に行こう!」。松田一宏オーナー代行は「自粛疲れがある中で、市民の方に何か気分転換になるものはないかと考えていた」と説明した。

情報源: 広島「マツダスタジアムを見に行こう」企画 県内在住者1日最大500人招待/広島カープ/野球/デイリースポーツ online

佐々岡監督のカーブをYouTubeで確認してみよう

あわせて読みたい

コメントする