佐々岡カープ、優勝を諦め『育成モード』に突入
https://twitter.com/Sponichi_Carp/status/1313413340530569216

広島が6日の阪神戦(マツダ)で〝育成モード〟を試した。佐々岡真司監督(53)はこの日初昇格したばかりのドラフト2位・宇草孔基外野手(23)を「1番・左翼」に抜てき。さらに、高卒2年目の林晃汰内野手(19)を「7番・三塁」でプロ初先発させる若手中心の布陣を採用した。

 優勝が遠ざかったことで育成に重きを置いた形だが、チャンス到来となった若手にとっては決していいことずくめではないという。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2253693/

・このわくわく感。どんどん使って経験を。失敗も経験です。外野手が多いから、たまには誠也を休ませてほしい。代打誠也もいい。でも森下が投げる日は勝ちたい。いいピッチングした九里に勝ちがつかないのは残念だったな。

う~ん、がんばってる野村、遠藤や中村祐太にも勝ちをつけてあげたい。

育成しながら勝っていくってやっぱり難しい。

【関連記事】

・育成モード、是非継続して下さい。チャンスを掴もうと必死にプレーする若手には、消化試合なんて関係無いですから。

・一軍の試合のレベルや雰囲気やナイターへの対応など緊張の連続だろうがここは最低でもクリアしないとオーダーリストに載れないので「結果を残す」「気持ちを見せる」に集中するしかないですね。


頑張れ 若鯉!

・広島はこれの繰り返し

・来季、大盛はレギュラーいけるじゃろ
他は競争かな
ところで小園はどうした?

→ファームで絶好調なので、すぐ上がってくると思いますよ。

・宇草・林のスタメンに育成モードを感じ実際頑張っていた。林はヒットが出ずエラーもしたが起用し続けて欲しいし林自身も縮こまらず頑張って欲しい。今は新陳代謝の時期と思って見たら楽しい。

・ミスを恐れず目一杯プレーしてほしい。
フルスイングで三振でもいいじゃないか。

・今年はCSが無いんだから残り試合は個人記録がある選手以外は若手起用でもファンは納得してくれるはず

→森下が投げるときは全力で勝ちに行って欲しいのでその時は若手起用を控えてもらえれば他は文句なし!って感じですね

・昨日の試合は拙攻に拙守とフラストレーションの溜まる試合だったけど、スタメンが勝ち負けにこだわるよりも来季を見据えた打線だったのでいいんじゃないかなって思えた

・若い宇草に林に曽根、ある程度経験を積んでるけどスタメンにはなかなか入ってこれない野間と、他にも坂倉や大盛はスタメンの常連になってきているけど、小園や羽月に中村奨成、野間と同じく若くはないけど高橋大樹など、来季を見据えて使っていってほしいよね

・林は高卒2年目で今は結果が出なくても、大きく育ててもらいたい。高橋大、野間は結果が出ていないので、チャンスも減って来るだろうし、西川が戻れば、更に機会は少なくなるので、相当厳しい状況になる。


大盛、宇草と野間はタイプが被っているし、この2人比べて、野間にはこれと言う突出した部分がないので、ドラ1だけど、これから使い方も難しい。

・各球団そこそこ若手を使ってはいるけど、そのチームに合った育成ができているかどうかですよね。


広島はもともと育成思考が強いし、いつもその辺りうまいなとは思うけど、今は他のチーム見ているとチグハグな感じのチームもあるからね。巨人は一昔前はそれがものすごく下手だったけど、育成路線にしたらすごくよくなったからね。

・森下くん以外の時は、育成モードで良いでしょ。ただ四球連発でグダグダの
試合はやめてくれ。

・確かに声のかからない人もいるでしょうけど、そこはプロなんだから奮起して頑張ってもらいたい

・ベテランと若手の融合は非常に良いことですが
あとは首脳陣達が上手く使えるかどうかですな

・好投していた九里や、勝ち星を当然意識するであろう先発投手には申し訳ないけど、残り試合は期待できる野手に上手く経験を積ませていってほしいなって思うよ

・失敗OK全然OK若手を起用するのであれば
観ててもワクワクする
頑張って応援するから

・監督コーチは育成出来ないんでしょうか?

・大盛や宇草の経験値が上がれば外野陣もうかうか出来ないでしょう

・神宮で大盛が初ホームラン打ったとき、野間は自分が打ったように大喜びしていたね。
凄い印象的だった

・1年の悔しさより3,4年先の楽しみ

・若い力を試してる事は認めるが、肝心な所、締めるところはベテランで終わらせる事も必要ではないか。

・暗に小園のことを示唆しているような見出しだが、小園は目下、2軍で凄まじい勢いで打っている。
小園はおそらく、これまでの野球人生で2軍とか控えの立場をほとんど経験せず、壁に一度も当たったことがないようなレベルの選手。


そういう選手が壁に当たり、乗り越えたら、本当にすごい選手になるだろう。
楽しみだ。

→小園がシーズン前半打てなかったのは打撃フォーム改造してたからだよ。あれだけ三振が多かった選手が、三振数が大幅に減ったことからも成長の跡が見てとれる。来季は間違いなく巻き返しのシーズンになるよ。

・3連覇時代はレギュラー固定されて若手はノーチャンスだったけど今は違う
1試合だけじゃなく継続して結果残したものが生き残れる


本人たちの努力次第

・鈴木を3番にしたり、若手をたくさん試す。ミスはあるが今の方が前半より強い気がするんだが。気のせいか。


でも試合を観たくなるのは間違いない。

・大盛の活躍に盛り上がる鈴木誠也や坂倉。林の落球にケツを叩きプレーでフォローする曽根。


松山、田中、菊池は、ここに来て打撃でいいプレーを見せていい影響を与えてるし。
昨日の三好のプレーのあとのケムナの態度などもすごく成長していると思う。


次に繋がるプレーが増えてきたと思う。


今年一番いい状態だと思う。

__________________