広島県安芸高田市副市長募集_01

広島県安芸高田市副市長募集_02

安芸高田市 転職サイトで副市長を公募

安芸高田市の石丸市長は新たな副市長をインターネットの転職サイトで公募しました。副市長の公募は県内でも珍しいということです。

安芸高田市の石丸伸二市長は「年齢とかそういうものではなくただただ実力重視、何をしてきた方なのかを重視して選びたい」と話しました。
4日から始まった安芸高田市副市長の公募。
日本国籍で民間企業などで5年以上の勤務経験があれば応募できます。
石丸市長によると公募は人口減少など大きな課題を抱える市の改革を進めるのが目的だということです。
公募は今月末まで行われ、人材サービス大手の「エン・ジャパン」が運営する転職サイトから応募できます。
新しい副市長は市長らとの面接を経て4月には決まる予定です。

(リンク先に動画あり)
・石丸さん!型にハマらず、良い仕事しようとしてるじゃん!期待してまっせ!

広島県安芸高田市副市長募集_03

広島県安芸高田市副市長募集_04


・全国から公募の発想は良いが議会運営は大丈夫かな。

・公募も一つの方法だが、しがらみのない行政経験豊富な人材もいいのではないか。

・年収1000万級の副市長が2人もいる

・転職サイトに載せるってことは給料なり待遇なりも公にするってことか。吉とでるかそれとも……

・教育界では一時「民間人校長」というのが流行った

※求人詳細(エン転職)

・もう一度輝きを取り戻してほしい!かつて戦国時代の大名で中国地方統一した毛利元就氏がおられた時の黄金時代を!

・とりあえず山奥の政治が安定すればいいと思う。


・優秀な人材が応募してくればいいよね。

・新しい安芸高田市長さんは、ご苦労なさっておられますね。

・鹿児島県阿久根市の副市長だった仙波敏郎氏みたいに、志半ばで解任されなければいいが

・こういう公募に応じる人物って、一旗揚げてやろうみたいな山師が多い気がするのは、維新の公募候補を見てきたからだろうか(*’ω’*)

→山師とは言葉が過ぎる気がしますね。全国から公募するということは、それだけ今までの旧い慣習や地域のつながりに固執しない新しい考え方の人を求めているということではありませんか?

・地元との調整は行政幹部が担うこととすれば良いでしょうね。
優れた外部人材を「副市長」の肩書きで呼び込むのは、なかなか良い手だと思います。
地元出身の元上場企業幹部とか、一度コケたことのあるユニコーン(っぽい)企業の創業者とか、釣れるとおもしろいと思います。


近隣だと、島根県邑南町が一本釣りで多彩な人材を集めてうまくやっている印象ですね。

__________________