ブログ

セ・パ交流戦 2023 がはじまりました。交流戦の歴史を簡単にまとめてみました。

セ・パ交流戦 2023 がはじまりました。交流戦の歴史を簡単にまとめてみました。

2023/05/30プロ野球

NPBの交流戦は、2005年から始まりました。セ・リーグとパ・リーグのチームが対戦する公式戦で、毎年5月から6月にかけて行われます。当初は36試合でしたが、2007年から24試合、2015年から18試合に減らされました。交流戦の勝敗はレギュラーシーズンの成績に含まれるため、優勝争いに大きな影響を与えます。

交流戦で最も優れたチームには、日本生命セ・パ交流戦優勝賞金3000万円が贈られます。また、交流戦のMVPには、日本生命MVP賞として200万円が贈られます。

交流戦は、セ・リーグとパ・リーグのファンにとって、お互いのチームを応援する貴重な機会です。また、交流戦で活躍する選手たちの姿は、多くの野球ファンを魅了しています。

交流戦は、プロ野球の活性化に大きく貢献しています。今後も、交流戦がプロ野球のさらなる発展につながることを期待しています。

交流戦の歴史を簡単にまとめ

  • 2005年:交流戦が始まる。
  • 2007年:試合数が24試合に減る。
  • 2015年:試合数が18試合に減る。
  • 2019年:交流戦優勝チームに賞金3000万円が贈られるようになる。
  • 2020年:新型コロナウイルス感染症の影響で中止。
  • 2021年:開催。
  • 2022年:開催。

交流戦は、プロ野球のファンにとって、お互いのチームを応援する貴重な機会です。また、交流戦で活躍する選手たちの姿は、多くの野球ファンを魅了しています。交流戦は、プロ野球の活性化に大きく貢献しています。今後も、交流戦がプロ野球のさらなる発展につながることを期待しています。

セ・パ交流戦の歴代優勝チーム

年数

優勝チーム

2005年

千葉ロッテマリーンズ

2006年

千葉ロッテマリーンズ

2007年

北海道日本ハムファイターズ

2008年

福岡ソフトバンクホークス

2009年

福岡ソフトバンクホークス

2010年

オリックス・バファローズ

2011年

福岡ソフトバンクホークス

2012年

読売ジャイアンツ

2013年

福岡ソフトバンクホークス

2014年

読売ジャイアンツ

2015年

福岡ソフトバンクホークス

2016年

福岡ソフトバンクホークス

2017年

福岡ソフトバンクホークス

2018年

東京ヤクルトスワローズ

2019年

福岡ソフトバンクホークス

2020年

中止

2021年

オリックス・バファローズ

2022年

東京ヤクルトスワローズ

福岡ソフトバンクホークスが11回優勝と最多で、次いで読売ジャイアンツが4回、千葉ロッテマリーンズとオリックス・バファローズが3回、北海道日本ハムファイターズと東京ヤクルトスワローズが2回優勝しています。

カレンダー

2024年4月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ