ブログ

2024/6/30(日) 巨人 - 広島

2024/6/30(日) 巨人 - 広島

2024/06/30カープ

2024年6月30日 巨人 vs 広島 試合内容

2024年6月30日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対広島東洋カープの試合は、緊張感あふれる接戦となりました。試合は14:00に開始され、最終的に巨人が3-2で勝利を収めました。

試合の流れ

1回裏:巨人の猛攻

巨人は試合開始早々、1回裏に攻撃を仕掛けました。岡本和真の適時打で先制点を奪い、その後も若林楽人と小林誠司の連続適時打で一挙に3点を獲得しました[12][13]。

4回表:広島の反撃

広島は4回表に反撃を開始。坂倉将吾の適時打で1点を返しました。

6回表:広島の追加点

さらに6回表、広島は堂林翔太の犠牲フライで1点を追加し、3-2と1点差に迫りました。

巨人の投手リレー

巨人の先発、菅野智之は6回途中まで1失点の好投を見せました。その後、中川皓太、ケラー、大勢と継投し、広島の反撃を封じました。

9回表:広島の最後の攻撃

9回表、広島は最後の攻撃に出ましたが、巨人の守護神大勢がしっかりと抑え、試合終了。巨人が3-2で勝利を収めました。

試合の詳細

巨人 3 - 2 広島

勝利投手: 菅野智之 (6勝1敗)

セーブ: 大勢 (8セーブ)

敗戦投手: 玉村昇悟 (1勝3敗)

試合後のコメント

巨人の監督は「初回の攻撃が非常に良かった。菅野も良く投げてくれたし、中継ぎ陣も安定していた」とコメント。一方、広島の監督は「序盤の失点が痛かったが、選手たちは最後まで諦めずに戦った」と述べました。

この試合で巨人は3カードぶりの勝ち越しを決め、広島は惜しくも連勝を逃しました。次の試合に向けて、両チームともにさらなる調整が求められます。

試合批評:2024年6月30日 巨人 vs 広島

6月30日の東京ドームでの試合は、巨人が3-2で広島を下し、緊迫した展開の中で勝利を収めました。この試合は、両チームの戦略と選手たちのパフォーマンスが光る内容となりました。

巨人の勝因

1回裏の猛攻が勝利の鍵となりました。岡本和真の適時打を皮切りに、若林楽人と小林誠司の連続適時打で一挙に3点を奪取。これが試合の流れを決定づけました。先発の菅野智之は、6回途中まで1失点と安定した投球を見せ、巨人の勝利に大きく貢献しました。中継ぎ陣も中川皓太、ケラー、大勢と盤石のリレーを見せ、広島の反撃を封じました。

広島の課題

広島は序盤の失点が痛手となりました。特に1回裏の3失点が響き、その後の反撃が及びませんでした。しかし、4回表と6回表に得点を挙げ、粘り強さを見せました。坂倉将吾と堂林翔太の活躍が光りましたが、あと一歩及ばず、最後の9回表の攻撃も巨人の守護神大勢に抑えられました。

試合の評価

この試合は、巨人の初回の攻撃と投手リレーが勝敗を分けたと言えます。広島も粘り強く戦いましたが、序盤の失点が大きく響きました。巨人の菅野智之はエースとしての役割を果たし、中継ぎ陣も安定していました。広島は序盤の失点を防ぐための対策が必要です。

今後の展望

巨人はこの勝利で勢いをつけ、次の試合に向けて良い流れを維持することが期待されます。一方、広島は序盤の失点を防ぐための戦略を再考し、次の試合での巻き返しを図る必要があります。両チームともに、今後の試合でのパフォーマンスに注目が集まります。

この試合は、両チームの実力が拮抗していることを示す良い例であり、今後の対戦も非常に楽しみです。

カレンダー

2024年7月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ