ニュース

“ハズレくじ“が大当たり! プロ野球、ドラフト”外れ外れ1位“入団の現役選手6人

“ハズレくじ“が大当たり! プロ野球、ドラフト”外れ外れ1位“入団の現役選手6人

プロ野球 最新情報  プロ野球ドラフト会議には、毎年大きな注目が集まる。ドラフト1位指名に至っては、競合の際にくじ引きを外し、希望した選手の獲得を逃す可能性もある。しかしながら、いわゆる“外れ1位”で指名した選手が大活躍を見せる事例も多くある。そこで今回は“外れ外れ1位”ながらも、大当たりとなった現役選手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで生中継! 月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]   近本光司(阪神タイガース) ・投打:左投左打 ・身長/体重:171cm/71kg ・生年月日:1994年11月9日 ・経歴:社高 – 関西学院大 – 大阪ガス ・ドラフト:2018年ドラフト1位    外れ外れでの1位指名となったが、結果として大当たりとなったのが、阪神タイガースの近本光司だ。    大阪ガスで俊足巧打の外野手として活躍した近本。迎えたドラフト会議では、藤原恭大(ロッテ)、辰己涼介(楽天)のくじを外した阪神から1位指名を受け、プロ入りを果たした。      ルーキーイヤーから開幕スタメンに抜擢されると、そのまま中堅のレギュラーを獲得。同年は142試合出場で打率.271、9本塁打、42打点、36盗塁の好成績をマークし、新人王のタイトルこそ村上宗隆(ヤクルト)に譲ったが、盗塁王に輝いた。    翌2020年も不動のリードオフマンを担い、2年連続で盗塁王(31個)を獲得。    さらに2021年には140試合出場、打率.313、178安打、10本塁打、50打点と軒並みキャリアハイの数字。同年は最多安打に加え、ベストナインとゴールデングラブ賞をW受賞。    昨季も故障離脱こそあったが、1番打者として打線を牽引。18年ぶりリーグ優勝、38年ぶり日本一の原動力となった。 【次ページ】 “大正解”だった最強スラッガー

コメント 0 件

カレンダー

2024年5月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ