ニュース

早くも“格差”が…?プロ野球、同い年で高卒プロ入りした現役6組。明暗が分かれている選手たち

早くも“格差”が…?プロ野球、同い年で高卒プロ入りした現役6組。明暗が分かれている選手たち

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  プロ野球への切符を手にする選手は、高校や大学、社会人野球などで活躍し、特に高卒でプロ入りする選手は大きなポテンシャルを秘めている。しかし、その才能が開花するか否かは、明暗の別れる部分である。ここでは、同い年で高卒プロ入りしたが、実績に差がついている選手たちを紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで生中継! 月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]   村上宗隆・清宮幸太郎    2017年ドラフト会議で指名を受けた清宮幸太郎と村上宗隆。だが、プロ入り後は成績での差が生まれている。    早稲田実高で驚愕の高校通算111本塁打を放った清宮は、当時のドラフトの目玉。村上も九州学院高で通算52本塁打を放つなど、実績を積み重ねていた。      迎えたドラフト会議では、清宮は7球団競合の末、北海道日本ハムファイターズへ。村上は外れ1位で3球団競合の末、東京ヤクルトスワローズに。ともに将来の大砲候補として期待された。    清宮はルーキーイヤーから53試合に出場して打率こそ.200だったが、7本塁打、18打点と、持ち前のパンチ力を発揮。村上も、同年は6試合の出場にとどまったが、プロ初打席で本塁打を放つなど、鮮烈なデビューを飾った。    そんな中、高卒2年目になると村上が大きく飛躍。同年は全143試合に出場し、36本塁打を放つ打棒を発揮。すると2022年には史上最年少となる3冠王(首位打者・本塁打王・打点王)に輝き、球界を代表する主砲に成長した。    一方の清宮は、高卒2年目に大きく成績を伸ばせず。2022年には129試合の出場で打率.219、18本塁打、55打点とキャリアハイの成績を残したが、確実性に欠けた。    今季は左足負傷で出遅れた清宮だが、既に一軍に復帰。調子を上げ、本塁打を量産する姿を見せてほしい。 【次ページ】 侍J戦士、かたや巨人へトレードに

コメント 0 件

カレンダー

2024年5月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ