ニュース

今日は敢えてこの男のリベンジの場面を中心にお届けします(笑)。(6/6日ハム3回戦3-1)

今日は敢えてこの男のリベンジの場面を中心にお届けします(笑)。(6/6日ハム3回戦3-1)

ソフトバンク戦の延長10回裏に近藤クンに劇的なサヨナラ2ランを食らって、思わずマウンドでしゃがみ込んでしまった島内クンの姿が印象的でした。顔を上げることも出来ずに俯いたままでベンチに引き上げてくる島内クンは、もうそのまま玄界灘に身を投げてしまうのではないかと思うくらいの心痛っぷり。セットアッパーって本当にツラい仕事ですよ。抑えて当たり前の中で、打たれるとそれまで仲間が積み上げてきた試合を全部壊しちゃうことが出来てしまう役回り。そりゃメンタルもやられちゃいますって。 今日の試合、3対1と2点リードで8回裏。その島内クンがマウンドに上がりました。先発投手として好投したアレン先輩の勝利の為に、絶対に失点できないというプレッシャーを背負って、あのサヨナラ2ランの後の初めてのマウンドに上がる島内クン。で、いきなり先頭の万波クンにツーベースを打たれて無死2塁になります。おいおい大丈夫かよ?と気が気ではなかったのは我々鯉党ファン達やベンチにいるアレン先輩だけではなくて、それこそ島内クン本人だったのかもしれませんな。オレ、大丈夫なのか?って(泣)。 続く細川くんにも153キロのストレートを思いきり引っ張られます。真っ芯で捉えられた強い打球なるもファーストのコースケ先輩の真正面のゴロで1死3塁。ここで代打マルティネス登場。このところ下降気味なるも、昨日まで4番に座っていた怖い怖い打者。もちろん一発が出れば同点でアレン先輩の勝ちは消える場面。2ストライクに追い込んでからはチェンジアップの連投です。Pay Payドームでは近藤クンに掬い上げられサヨナラ弾をくらったあのチェンジアップ。やや甘めに入っていく130キロ台の変化球にマルティネスの太い腕っぷしのマン振りスイングが「ホームランと紙一重のファール」を打ちまくります。豪快なスイングをされる度に、もう正視していられない程の恐怖感。そしてフルカウントからの8球目。 外角低目に154キロがズドン!島内の渾身のストレート炸裂!ピクリと動かぬ石原のミット。マルティネスを見逃し三振! いやぁ。本日一番痺れた場面でしたわ。前回登板でサヨナラホームランを喰らった男が、まるで何事もなかったかのように次の試合のマウンドに上がり、大ピンチを招きながらも全てを断ち切って自らがブレイクスルーする瞬間でございますわな。いやぁ素晴らしいです。もうこうなったら次打者の郡司クンとの勝負は安心感のカタマリみたいなもんですわ。絶対に抑える筈、絶対に抑えてくれる筈。あの日、あの時、俯いて顔を上げることが出来なかった島内クンから、再びそんなオーラが立ち上りましたよ。 2死3塁。郡司くんに対しては一転してストレート攻めです。153キロ、154キロ、155キロのジャイロな豪速球が石原クンのミットを叩き続けます。そして追い込んでからの5球目。鯉バッテリーが最後の決め球に選んだのはチェンジアップ。あの日は少し浮いてしまってサヨナラ弾をブチ込まれたチェンジアップ。腕を思い切り振って島内クンが投じたその球は、低目ストライクのゾーンから落ちてワンバンのボールになる絶妙のそれ。これぞまさに島内クンの生命線の勝負球。郡司クンのバットが止まる筈もなく。空振り三振じゃ!そして何事もなかったかのように、いつものようにマウンドを降りてくる島内クンの姿。いや、少しだけ違いましたよね。今日は目線をグッと上にあげ胸を張り、スタンドからの歓声を身体に染み込ませるようにしてベンチに戻って行きましたわな。 あっぱれじゃ島内。そんな彼の物語(泣)。 もとい。 試合の方は、アレン先輩が7回1失点の素晴らしいピッチングが勝ちを呼び込みましたな。というか、初回先頭の秋山先輩が糸を引くような美しい流し打ちのレフト前ヒットで出塁した時点で、もはや今日は勝負あり(笑、ホンマかよ?)。で、末包クンの弾丸ライナー2ランで先制し、2回にも久しぶりパンチ矢野クンのヒットからチャンスを作り秋山先輩の犠牲フライで加点。そのまま3対1で勝利でございます(かなり端折り過ぎですがまぁそんな感じです、笑)。 しかし日ハムの水谷クンと田宮クンはホントにいい打者でしたね。今日はこの2人の23歳が3番と4番に座りましたからね。9回2死から栗林クンのフォークを拾ってセンター前ヒットにした田宮クンの打撃は衝撃的でした。今後も楽しみな選手です。井端監督も視察に見えてたみたいですが、侍ジャパンでも活躍して欲しいですな。 もとい。 最後にひとことだけ付言するならば、鯉打線は本日もタイムリーヒットなしでございましたけどね(苦笑)。いいんですよ勝ったんだから。そして明日も勝ちましょう! ↓クリックお願いします。 にほんブログ村

コメント 0 件

カレンダー

2024年6月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ