ブログ

プロ野球セーブの条件

プロ野球セーブの条件

2024/07/04プロ野球

プロ野球のセーブは、試合終盤のリードを守り切った救援投手に与えられる重要な記録です。その条件は複雑で、必須の4項目に加えて追加の条件を満たす必要があり、クローザーや抑え投手の評価指標として広く活用されています。

セーブの記録保持者とその功績

プロ野球におけるセーブの記録保持者として、岩瀬仁紀が通算407セーブという驚異的な記録を持っています。パ・リーグでは佐々木主浩が252セーブで3位に入っており、両リーグを通じて抜群の成績を残しています。シーズン記録では、2017年にデニス・サファテが54セーブを記録し、現在の最多記録となっています。これらの投手たちは、チームの勝利に大きく貢献し、クローザーとしての役割を見事に果たしました。また、江夏豊や赤堀元之、佐々木主浩、岩瀬仁紀は、それぞれ5回の最多セーブ投手タイトルを獲得しており、長年にわたって安定した実力を発揮してきました。

セーブとホールドの違い

セーブとホールドは、リリーフ投手の貢献を評価する指標ですが、いくつかの重要な違いがあります。セーブは試合終盤のリードを守り切った投手に与えられ、通常は最終回を担当する抑え投手が獲得します。一方、ホールドは中継ぎ投手の貢献を評価するもので、中盤でリードを保ったまま降板した場合に記録されます。セーブは1試合につき1人の投手にしか与えられませんが、ホールドは同一試合で複数の投手が獲得できます。また、セーブは3点差以内のリードで1イニング以上投げることが条件の一つですが、ホールドはより柔軟な条件で記録されます。これらの違いにより、セーブとホールドは異なる役割を持つリリーフ投手の評価に使用されています。

セーブが記録されないケース

セーブが記録されないケースには、いくつかの特定の状況があります。例えば、先発投手が完投勝利した場合、セーブは記録されません[1]。また、リリーフ投手が勝利投手の権利を持っている場合や、同点や逆転を許してしまった場合もセーブは付きません[2]。4点差以上のリードで登板し1イニングのみ投げた場合も、セーブの条件を満たさないため記録されません[5]。さらに、最後の投手として登板しても1/3イニング未満しか投げなかった場合や、チームが敗北した場合もセーブは記録されません[1][2]。これらのケースは、セーブの厳密な条件を理解する上で重要です。

カレンダー

2024年7月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ