ニュース

カープ栗林の申告敬遠に賛否両論!9回サヨナラピンチの場面。川上憲伸「塁を埋められたら投手は有利にならない」

カープ栗林の申告敬遠に賛否両論!9回サヨナラピンチの場面。川上憲伸「塁を埋められたら投手は有利にならない」

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202407070001019.html 【川上憲伸の目】広島ベンチの申告敬遠判断に投手の立場から指摘「塁を埋められたら…」守護神・栗林の状態も分析 広島はサヨナラ負けで今季4度目の同一カード3連敗となった。 1―1で迎えた9回、4番手で登板した栗林良吏投手が誤算だった。2四球と暴投、申告敬遠で1死満塁のピンチを背負うと、代打の板山に痛恨のサヨナラ打を浴びた。 本紙評論家の川上憲伸さんは、9回1死一、三塁で広島ベンチが5番・カリステを申告敬遠で歩かせた場面に着目した。 「二、三塁だったら、敬遠でもいい。でも一、三塁なら、併殺にできるかもしれない。ニコイチ(カリステとその次の打者の2人をセット)で勝負もできる。投手からしたら、塁を埋められたら腕を振ろうにも振れなくなる。有利にならない」と投手の立場から指摘。 (全文はリンク先) ・あれだけカリステに打たれていたら、セオリー通りではない判断(1.3塁で申告敬遠)もやむを得ないのだろう。それだけカリステが打ちすぎているということ。

コメント 0 件

カレンダー

2024年7月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ