ニュース

小園を敬遠して4番のワシと勝負だと?舐めとんのかこのボケぇ!(3/31 DeNA3回戦 5-1)

小園を敬遠して4番のワシと勝負だと?舐めとんのかこのボケぇ!(3/31 DeNA3回戦 5-1)

と、堂林先輩は怒り心頭だったのかもしれません。2対1と僅差の1点リード8回表の鯉の攻撃、DeNAのマウンドに上茶谷クン、1死2塁で3番小園を迎えた場面でしたが「ハマの番長」こと三浦監督は全く躊躇することなく申告敬遠を指示して4番堂林翔太との勝負を選択。メラメラと燃え上がる堂林サマのココロ。すまんがワシは今年から選手会長やっとんじゃけぇの。あんまり舐めとったらマスパンに言いつけちゃるでと言ったかどうかは知りませんが、我らが堂林翔太の怒りの一打が炸裂、バットを一閃するとレフト前にクリーンヒットでございました(笑)。 まぁ冷静に考えればDeNAの選択はごもっともでしたけどね(笑)。それくらい今の小園海斗はヤバいのですわ。いや「今年の小園」といった方がいいのかもしれませんな。昨シーズン終盤の打撃から「何かを掴んだ」かのような小園さんは、オープン戦の好調を維持したままシーズン突入し、開幕戦ではいきなり3安打、完封されそうだった2戦目でも最終回に意地のタイムリーを放ち、今日も早速1打席目でセンター前、2打席目には死球をぶつけられるありさま。ありていに言うと手をつけられないゾーンに入ってる状態です。まぁそりゃここは敬遠でしょうな(苦笑)。で、塁を詰めて堂林のところで6-4-3のダブルプレーというシナリオは誰もが納得する話ではありました。 で、その「怒れる堂林先輩の」レフト前ヒットで1死満塁になったかと思いきや、ここからDeNAさんの守備陣の信じられないプレーが繰り広げられましたわな。オヤジ達の草野球でもなかなかお目にかかれないようなプレー。2塁ランナー野間クンは3塁ベースでストップしているというのに、まずはレフトの佐野クンが何を焦ってたのかホームへ大暴投。キャッチャー伊藤クンがこれに飛びつくも捕球できずに弾いて1塁ファールグラウンドを白球が転々。その間に野間クンがホームを駆け抜けてまず1点。転々とするボールに追いついたファーストのオースティンがこれまた何を焦ってたんだか分かりませんが身体を1回転させながらノールックの状態でホームへ豪速球で送球、誰も捕球できずに白球はバックネット方向へ転々。その隙に1塁ランナーだった小園も3塁を蹴ってホームへヘッスラかまして2点。更には坂倉の内野ゴロでもう1点と、このイニング合計3点が転がり込みました。 いやぁ(絶句)。DeNA守備陣は開幕戦からびっくりするくらい何度も超美技を連発するなど堅守っぷりが目立っていたんですけどねぇ。久々に見ました「逆・ハマスタ劇場」。ありがとうございます。1戦目2戦目とDeNAさんは素晴らしい試合展開で超満員のハマスタも盛り上がりまくりだった訳ですからね、まぁ3戦目くらいは関東鯉党に盛り上がらせて下さいな。鯉党で真っ赤に染まったレフトスタンドに連呼する「宮島さん」が、3月とは思えない暑さ25度超えの青空に美しく溶けて行きました、鯉の今季初勝利でございます(涙)。 もとい。 今日の試合のテーマとして、3タテ回避も大事なことではありましたが、なんといっても「度会クン封じ」が最大の課題でしたよね。開幕戦で3ラン、2戦目でも2ラン含む4安打、危険球死球を受けてもヘッチャラで打ちまくるこのスーパールーキーの活躍は、それこそテレビや新聞で色々とド派手に報じられておりましたが、その新人に好き放題ヤラレてしまった鯉バッテリーや鯉首脳陣、当然ながら我々鯉党達は、そんな報道を横目にしつつ冷静な対応をとりながらも、実際はハラワタが煮え繰り返るくらいの腹立たしさと怒りに震えていた筈なのですからね。 小僧、舐めてんじゃねぇぞ。 今日はキッチリと仕留めました。まずは先発のアドゥワ。1打席目は初球スライダーでファールを打たせると、2球目3球目は連続してフォークボール。度会クンもスイングをかけますがバットに見事に擦りもしません、連続空振りで三球三振でございます。2打席目は一転して149キロのストレートで差し込んで初球を打ち上げセンターフライ。更に3打席目、またもや初球から3球連続でフォーク攻め。追い込んでから高目のストレートで釣って勢いの無いセンターフライ。いいですねぇ。アドゥワ君が掌の上で度会クンを弄んでいる感じ。チヤホヤされとるテメェとはプロ野球選手として苦労した年月の長さが違うんじゃ!と言わんばかりのアドゥワの後ろ姿が熱かったですわ(涙)。 4打席目は矢崎課長との対戦。ここでもストレートなんかまともに投げてやりませんぞ。フォーク連投で最後はショートゴロにきっちり仕留めます。最後は9回裏の栗林との対戦。ここは圧巻でしたな。初球のフォークを空振り。バットとボールが10センチ以上空いてます。3球目に胸元近いところに151キロのストレートでボール球を投げ込んで腰を引かすと、4球目は内側にフォークで自打球ファール、最後は外角低目に逃げる軌道のフォークにバットが止まらず空振り三振。 これぞプロの投手のボール。これぞプロのバッテリーのリードでございます。新人相手ですので坂倉クンも流石に自重してましたが、きっと心の中でド派手なガッツポーズかましていたことでしょうな。本日の度会クンは5打数ノーヒットで三振2つ。ベンチで項垂れる姿が印象的でした。とはいえ1戦目2戦目しこたま打たれてるんですけどね(苦笑)。スーパールーキーでございます。今季大活躍しそうですな。どうか鯉戦以外の試合で打ってくださいませ(笑)。 コースケが美しく振り抜いたライトスタンドへの完璧ホームランも胸熱、アドゥワ君が不安定な立ち上がりから見事に立て直した投球も素晴らしかったのですが、やはり印象的で思わず立ち上がってガッツポーズをかましてしまったのは、黄金の二遊間の2人が魅せてくれたジャンピングキャッチの超美技ですかね。 1つはもちろんエリア33の菊池涼介。4回1死からDeNA売出し中の梶原クンが捉えた右中間への低いライナー。これに菊池先輩が思いっきり飛び上がって打球をもぎ取ります。で、キャッチしながら両脚を開脚しつつその勢いで最高到達点まで跳ね上がる、あの独特な菊池ジャンピングキャッチ(お猿さんバージョン)が炸裂でございます。もしもこの打球が抜けていたら、ツーベースどころか一気にスリーベースコースでしたからね。毎度ながらあっぱれの菊池先輩です。 もう1つは1点リードの5回裏2死1塁で牧クンが真っ芯で捉えた強烈なライナー。糸を引く低い弾道でショート小園の頭上に。打球が飛び出した瞬間に、あぁこれは左中間を真っ二つでフェンス際まで転がって1塁ランナーが3塁蹴ってホーム生還じゃろな、同点じゃろな、せっかく好投してきたのにアドゥワが勝ち投手になる権利が消えちゃうなぁと思いましたわ。 が、しかし。テレビ画面が切り替わると、ショートの小園が向こう向きに身体を捻りながら思いっきり真上にジャンプ!でもんどりうって落ちてきて地面に叩きつけられたのですが、なんと打球が消えている。打球が抜けてない!小園がジャンピングキャッチでこれをもぎ取る超美技ですわ。思わず立ち上がるワシ(笑)。いやぁタイミングもドンピシャのギリギリのプレーでした。アドゥワの勝利を引き寄せたビッグプレーでございます。あっぱれでした。 ということで、開幕シリーズ@DeNAハマスタ戦は1勝2敗で終了。流れからして3連敗も覚悟しましたが、色々あったことを勘案するにまずまずの滑り出しだったということにしましょうかね。なんたって去年は4連敗スタートで神宮球場で1勝もできない状態で広島に戻って、5試合目で漸く初勝利でした。それを思えば今年は3試合目で勝利して地元に戻れますので、まずは上出来ということにしましょう(苦笑)。あとは気負いまくっている田村クンに早く一本出て欲しいところ。両外人さんが抜けたのは若い戦力が試せるチャンスと前向きに捉えて純国産打線で参りましょう! 今シーズンが始まりました。改めて今年もよろしくお願いします! ↓クリックお願いします。 にほんブログ村

コメント 0 件

カレンダー

2024年4月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ