ニュース

まだやれたんじゃ…現役最終年にも結果を残した名選手6人。最後まで活躍し引退した選手たち

まだやれたんじゃ…現役最終年にも結果を残した名選手6人。最後まで活躍し引退した選手たち

プロ野球 最新情報  毎シーズン、数多くの選手がユニフォームを脱ぐ決断を下す。引退を判断するタイミングは選手ごとで異なるものの、ファン目線では「もっと現役で活躍できるのでは」と思わせる選手もこれまでに数多く存在した。そこで今回は、現役最終年に「まだまだ現役で見たかった」と思わせる活躍を見せた選手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   新庄剛志 出身:福岡県 投打:右投右打 身長/体重:181cm/76kg 生年月日:1972年1月28日 ドラフト:1989年ドラフト5位    まさかの形で現役引退を発表し、ファンを驚かせた新庄剛志。新庄は最後まで自分らしさを貫いた存在だった。    阪神タイガースからプロ生活をスタートさせた新庄は、パンチ力と強肩、広い守備範囲を武器にスタメンの座を勝ち取る。2000年はともにキャリアハイの打率.278・28本塁打を残してメジャー挑戦。メジャーで3年間プレーしたのち、北海道日本ハムに入団した。      2004年には幻となったサヨナラ満塁本塁打、2005年には古巣の阪神タイガースから交流戦で本塁打を放つなど、数々の印象に残るプレーを見せた新庄。しかし、2006年の4月、試合後のヒーローインタビューで同年限りでの現役引退を突如発表。    新庄にとってラストシーズンとなった2006年、ファイターズは25年ぶりの優勝・44年ぶりの日本一の両方を成し遂げた。最終年に打率.258・16本のアーチを描き、守備でも活躍した新庄の存在がなければ、優勝・日本一のどちらもなかったかもしれない。最高の置き土産を北海道に残し、17年のプロ生活に別れを告げた。 【次ページ】「打率.276・27本」で引退!?

コメント 0 件

カレンダー

2024年5月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ