ニュース

1軍の“主力”になれない…?広島、出場機会に飢える選手(1)崖っぷちに立つ”甲子園のスター”

1軍の“主力”になれない…?広島、出場機会に飢える選手(1)崖っぷちに立つ”甲子園のスター”

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  プロ野球の世界では、高い能力を持ちながらも、所属する球団の戦力状況によって一軍での出場機会に恵まれない選手も少なくない。今季はリーグ優勝を目指す広島東洋カープでも、投打ともに厳しい立場となっている選手もいる。ここでは、一軍での出場機会に飢える広島の選手を紹介したい。   今シーズンのセ・リーグはDAZNで生中継! 月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]   中村奨成 投打:右投右打 身長/体重:181cm/84kg 生年月日:1999年6月6日 経歴:広陵高 ドラフト:2017年ドラフト1位    甲子園を大いに沸かせた中村奨成だが、プロ入り後は一軍の壁に苦しんでいる。    広陵高では、3年夏の甲子園で6本塁打17打点を挙げる驚異的な活躍。大会個人最多本塁打、個人最多打点などあらゆる記録を塗り替え、ドラフト1位で地元の広島東洋カープに入団した。      入団後はしばらくファームで過ごしたが、高卒3年目に一軍デビュー。すると翌2021年は39試合の出場ながら打率.283、2本塁打、5打点の成績をマークし、ここから上昇気流に乗ると思われた。    しかし、翌2022年は27試合の出場で打率.193に終わると、昨季も18試合の出場で打率.150と低迷。打撃に課題を残していた。    今季から外野手登録となった中村奨。3月31日には一軍に昇格したが、チャンスを活かせず4月8日にファームへ逆戻りとなった。    外野手では田村俊介や久保修といった若手が台頭。かつて夏の甲子園を沸かせたスターが、正念場を迎えている。   【つづきを読む】 ファームで防御率1点台でも   【関連記事】 1軍の“主力”になれない…?広島、出場機会に飢える選手(2) 1軍の“主力”になれない…?広島、出場機会に飢える選手(3) 1軍の“主力”になれない…?広島、出場機会に飢える選手 全紹介     【了】  

コメント 0 件

カレンダー

2024年6月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ