ニュース

まだやれたんじゃ…現役最終年も結果を出した名選手(5)30ホーマーも納得できず

まだやれたんじゃ…現役最終年も結果を出した名選手(5)30ホーマーも納得できず

プロ野球 最新情報  毎シーズン、数多くの選手がユニフォームを脱ぐ決断を下す。引退を判断するタイミングは選手ごとで異なるものの、ファン目線では「もっと現役で活躍できるのでは」と思わせる選手もこれまでに数多く存在した。そこで今回は、現役最終年に「まだまだ現役で見たかった」と思わせる活躍を見せた選手を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   王貞治 出身:東京都 投打:左投左打 身長/体重:177cm/79kg 生年月日:1940年5月20日 ドラフト:    2022年にヤクルトスワローズの村上宗隆に塗り替えられるまで、日本人シーズン最多記録55本塁打を保持していた王貞治。「世界の王」は最後まで驚異的な活躍をした選手といえるだろう。    1959年から読売ジャイアンツに入団し、1年目は打率1割台ながら7本塁打を放った王。期待されていた長打力を発揮すると、5年目の1963年に40本のアーチを描いた。そして1964年、長らく破られなかったシーズン55本塁打の偉業を成し遂げ、日本プロ野球を代表する選手となる。      22年間ジャイアンツでプレーした王は、ルーキーイヤー以外の全てのシーズンで2桁本塁打を記録。また、選んだ四球数が100を超えるシーズンが多く、打率の安定感も際立っていた。三振数が100を超えたシーズンは1960年のみで、バットに当てる技術力が突出していたことがわかる。    最終年は打率.236ながら30本塁打という成績。それでも、「王貞治としてのバッティングができない」ことを理由に引退した。   【つづきを読む】 巨人への”恩返し”は ■関連記事 まだやれたんじゃ…現役最終年も結果を出した名選手(6) まだやれたんじゃ…現役最終年も結果を出した名選手(1) まだやれたんじゃ…現役最終年も結果を出した名選手 全紹介     【了】

コメント 0 件

カレンダー

2024年4月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ