ニュース

まさかの“不発”…プロ野球、移籍先で戦力外通告を受けたFA戦士6人。裏目に出た大型補強は?

まさかの“不発”…プロ野球、移籍先で戦力外通告を受けたFA戦士6人。裏目に出た大型補強は?

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  毎年、シーズンオフに大きな注目を集めるのがフリーエージェント(FA)市場だ。FA権を行使しての移籍は、この世界で長期的に活躍した選手の証とも言える。しかし、FA加入後も変わらぬ存在感を示す選手がいる一方で、大きく成績を落とす選手も多く存在する。そこで今回は、移籍先で戦力外通告を受けたFA戦士を紹介したい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで生中継! 月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]   井納翔一 投打:右投右打 身長/体重:188cm/94kg 生年月日:1986年5月1日 経歴:木更津総合高 – 上武大 – NTT東日本 ドラフト:2012年ドラフト3位    2桁勝利の実績もある井納翔一。FA移籍後は成績を残せないまま、現役を引退した。    関甲新学生野球リーグの上武大では、4年時に2季連続で最優秀防御率を獲得。その後は社会人野球のNTT東日本でプレーし、ドラフト3位で横浜DeNAベイスターズに入団した。26歳でプロ入りという、まさにオールドルーキーだった。      プロ2年目には、早速結果を出した井納。同年は25試合に登板し、11勝9敗と2桁勝利をマーク。防御率こそ4.01だったが、エース格として低迷するチームを支えた。    しかし、2015年以降は勝ち星こそ挙げるものの、安定感のある投球はできず。そんな中、2020年シーズンにFA権を取得し、同年オフには読売ジャイアンツへの移籍を決断。2年契約を交わした。   だが、移籍1年目は開幕ローテーションに入るも、わずか5試合の登板で防御率は14.40という結果に。翌2022年も7試合の登板に終わると、オフに戦力外通告。わずか2年で厳しい現実が叩きつけられ、同年限りでの現役引退を表明した。 【次ページ】 「MLB断念」で阪神入りも

コメント 0 件

カレンダー

2024年6月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ