ニュース

この悔しさを胸に田村俊介が飛躍を遂げる一年が始まると信じます。(3/29 DeNA1回戦3-4)

この悔しさを胸に田村俊介が飛躍を遂げる一年が始まると信じます。(3/29 DeNA1回戦3-4)

3対3の同点で迎えた8回裏DeNAの攻撃1死満塁。代打大和クンの打ち上げたフライがライトへ上がります。この打球に3塁ランナーのオースティンがタッチアップで本塁へ突入してきました。しめた!これはホームで刺せる!愛工大名電でエースだったライト田村俊介の強肩を舐めてんじゃねぇぞ。田村クン自身も思った筈です、ダメダメだった今日のオレ、これで全部取り返す。絶対にホームでアウトにしてやる。おりゃあ!と全力のバックホームでございます。美しい軌道を描いた素晴らしいレーザービームがホームで待つキャッチャー坂倉クンのもとに。が、しかし。リキみまくったその送球は、3塁側に 大きく逸れました(泣)。 ヘッスラするDeNAの助っ人外人さん。セーフ。沸き立つDeNAベンチと横浜スタジアムの熱狂。ストライク送球ならばアウトのタイミングでしたかね。ライトの守備位置でガックリと膝を落として呆然とする田村クン。これが決勝点となって3対4で開幕戦を落としました。うーむ。残念無念でございます。 田村クン相当悔しかったと思います。そもそもこのイニングの先頭打者のオースティンのライト横への打球、ダイビングキャッチを試みるもあと一歩だけ届かずにヒットにしてしまったもの。更には1死2塁からの牧クンのライト前ヒット、2塁ランナーは3塁でストップしたのにホームへ高い送球をして打者走者の牧クンを2塁まで進塁させたのも田村クンでしたからね。エラーの記録はありませんし、実際に3つとも難しいプレーですから20歳の彼を責めることは出来ませんが本人的にはメチャクチャ悔しかったと思います。誠也さんだったらベンチの裏で吠えまくって自分の頭を自分で殴ってる世界(笑)。もしかしたら田村クンもそうだったかもですね。 しかも本日4三振(泣)。 愛工大名電の大先輩の東クンに忖度なんかしてませんぞ(笑)。 1打席目は全部アウトコース。しかもストレートは全てがボール気味に誘い球、あとは殆どスライダーでクルクル空振りさせられます。いいように翻弄される田村クン。 2打席目は3回表。鯉打線が打ちまくって菊池・上本・小園・堂林・坂倉の5連打で2点先制、更にレイノルズさんも犠飛で打点を上げ、宮島さん連呼で盛り上がりまくるレフトスタンド関東鯉党。なおも2死1.2塁の場面だというのに、ここでも東先輩に呆気なく手球に取られて三振する田村クン。1打席目スライダー残像が残る中で、今度は一転してアウトコースのストライクゾーンにズバッと148キロのストレートを連投するDeNAバッテリー。2ストライク目も3ストライク目も全くバットを振ることなく見逃しの三振でございます。 3打席目は3対3の同点で迎えた5回表2死1.3塁の場面。この回、小園・堂林の連打で作った無死1.2塁を坂倉の併殺打で潰してしまい2死3塁となってレイノルズが四球。DeNAバッテリーは次の田村クンとの勝負を選択したような四球でしたよね。メラメラ燃えて打席に入る20歳の若鯉。が、呆気なく三球三振ですわ。1打席目は真っ直ぐとスライダーのコンビネーションにヤラれ、2打席目は一転してストレートの連投にバットが出せなかった田村クンに対し、3打席目は3球連続で128キロのスライダーですよ。しかもアウトローへきっちりと。1球目はなんとかファール、2球目は空振り、ワンバンになる3球目にもバットが止まらない。またもや完全に手球に取られての三球三振でございます。もうスイングが無茶苦茶になってます。恐るべし東先輩の投球術。4打席目はウェンデルケンでしたが、もう崩れたスイングは戻らず本日4つ目の三振。 と、今日の試合を、敢えて田村クンにスポットを当てて細かく書いてみました。彼を非難してるんじゃありません。敢えての「エール」でございます。確かに昨日の試合の敗因は?と問われれば、攻守に亘り田村クンがブレーキになった感は否めません。が、まだまだ20歳の若造ですからね、彼が責任を感じる必要はさらさらありません。と言っても彼自身は「オレのせいで負けた」と思い、ベンチ裏で「人を殺しそうな目」をしていたのかもしれませんが(それは誠也、笑)、この屈辱と悔しさを胸に抱いて彼が大きく飛躍する一年になるのであれば安い授業料でございます。そしてきっとそうなると信じております。東先輩の残像は早く消し去り(笑)、今日もマン振りで行こうじゃないの。がんばれ田村俊介! もとい。 まぁ打線の方は天敵のDeNA東クンから10安打ですからね。田村クン一人だけが蚊帳の外でしたが、お騒がせの上本先生や心配された両外人さんも含めて野手全員が一応結果を出してくれました。ハマスタでの残り2試合も打ちまくって欲しいですな(しかしやっぱり長打が欲しいですなぁ)。アレン先輩もあのホームラン以外は無問題のナイスピッチでしたけどねぇ。惜しむらくは「あの1球」だけ。次回登板にも期待しましょう。 いやぁしかし。 凄いなぁ度会クン。 この子はホンマに素晴らしいですな(笑)。初回に菊池クンのライトフライが照明と重なり捕球できず(記録はヒット)、いきなり最初のプレーでやらかし気味だった度会クン、1打席目もアレン先輩のスライダーにセカンドゴロに倒れた度合クン。そうじゃろ、プロの世界は甘くないんじゃ!オープン戦はあくまでオープン戦じゃろ、と思っていた矢先、プロ2打席目にして飛び出した豪快な同点3ラン。 まぁボール自体はアレン先輩の完全な大失投ボール。どうぞホームラン打ってくださいという球ではありましたが、そういう甘い球を呼び込むチカラというか、そういう局面が彼に巡ってくること自体がスーパースターの資質ですわな。素晴らしいです。ガッツポーズで吠えまくってダイヤモンドを一周するスーパールーキーの姿が眩しすぎました。試合後のヒロインでもおちゃらけ炸裂で「サイコーです!」連呼する姿も、普通なら「テメェ舐めてんのか」と怒り心頭になる鯉党のワシですが(苦笑)、なんだか「あっぱれお見事!」と思いながら、ハマスタ場内を盛り上げまくっているこの男の姿を微笑ましく眺めておりました。素晴らしいです(って何回言うとんや、苦笑)。 もとい。 2戦目は森下クンの代わりに急遽マウンドに上がる黒原クン。チャンスは巡ってきましたぞ。「オレだってドラ1じゃ!」と言わんばかりの、目が覚めるような投球が見たいですな。まぁDeNAの強力打線ですのでそりゃワンサカ打たれまくるでしょうが(苦笑)、逃げずに攻め続ける姿勢で投げれば、今年の「シン・黒原」ならば、きっとやってくれる筈です。まずはドラ1対決の「黒原vs度会」を楽しみましょうかね。強気に胸元インコースに投げ込んで抉ってやりましょうや。がんばれ黒原! ↓クリックお願いします。 にほんブログ村

コメント 0 件

カレンダー

2024年4月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ALL
西

順位表

2024年2023年2022年2021年2020年
セ・リーグパ・リーグ交流戦オープン戦
データがありません。

背番号暗記

選手・スタッフ

Carpred について利用規約プライバシーポリシー
ニュースブログ順位表選手・スタッフ